高校3年生・高卒生|医学部受験専門の個別指導塾・医学部予備校【メディックTOMAS】

フリーコール0120-65-1359(受付時間10:00〜20:00)

高3・卒生

1.英語(English)

2次の記述対策からセンターまで万全に対応

前半は医学に関する知識を増やしながら、志望校を見据えた問題形式を数多く実施。夏休みからの過去問演習でアウトプットできるように進めていきます。国公立志望者に向けた論述対策から、私大で頻出のイディオム対策まで、志望校に応じた指導を行います。センター試験への対策も確実にしていきます。

2.数学(Mathematics)

志望校の傾向を詳細に踏まえた指導

生徒の志望校に応じた指導を実施していきます。大学ごとの出題傾向は、慶應義塾大や日本医科大の大問、順天堂大や昭和大の小問集合といったように多種多様です。国公立大も総合大と医学系単科大では入試の問題内容、難易度が大きく異なります。志望校と生徒の適性を十分踏まえ、医学部合格への戦略を具体的に練っていきます。

3.化学(Chemistry)

センター対策から理論分野、暗記まで網羅

計算系を中心に理論分野全体を固めていく指導を行い、夏休みには無機・有機化合物、高分子化合物の知識問題といった暗記が中心となる分野を修得させていきます。秋以降は国公立志望者に対してはセンター試験対策を万全に行い、化学の理論分野を重点的に指導。私立志望者には志望校の問題形式、頻出問題、難易度に応じて具体的に進めていきます。

4.物理(Physics)

弱点を克服して解答速度と論述を強化

演習を通じて生徒の苦手箇所を把握し、夏前までに弱点を克服していきます。個人差はありますが秋以降はセンター試験、および志望校の過去問に取り組みます。特に私立志望者は多くの学校を受験していくことになるので、問題処理速度を上げる訓練や論述を強化するといった第一志望校に即した指導を徹底して行っていきます。

5.生物(Biology)

センター9割取得をめざし基礎から強化

国公立志望者は実験考察の記述力、私立志望者には動物生理といった、より志望校の傾向に即した具体的な対応を進めます。苦手分野がある場合は、早い段階ですべて克服することが必要となってきます。センター試験では9割以上の得点ができるよう、基礎から徹底的に強化して、本番に向けた対策を着実に実践していきます。

6.小論文(Pamphlet)

多様なテーマ、学校に対応できる実力を養成

私立志望者には最近の医療問題に関することや、写真を見て自分の意見を述べるもの、文学的テーマのものなど、第一志望校の傾向を踏まえたテーマ設定で重点的に指導。また国公立志望者には科学・医学的なテーマについてさらに深く掘り下げながら、長文英語やグラフ分析への対策も行うことで、どんな出題にも対応できる本物の実力を養います。

高校3年生の授業例

曜日別高校3年生の授業例

*個別指導以外の演習内容についても、カリキュラムに基づき担任が責任を持って指導していきます。

高卒受験生の授業例

曜日別高卒受験生の授業例

*個別指導以外の演習内容についても、カリキュラムに基づき担任が責任を持って指導していきます。